フェルデンクライスとは?

肩こり、腰痛持ちの改善例多数!家でできる簡単エクササイズ

更新日:

f:id:feldenhiroshima:20160821010028j:plain

フェルデンクライスのレッスンに来られる方は、慢性的な肩こり、腰痛、疲れがとれないというお悩みを持っている方が多くいらっしゃいます。

でも、仕事が終わって家に帰ると疲れて何もする気が起きない、疲れを癒すにも忙しくてゆっくりと時間が取れない、という方も多いと思うんですね・・・

そんな方々におススメしているちょっとしたスキマ時間にできるレッスンがありますのでご紹介したいと思います。

フェルデンクライスメソッドのレッスンには色々なレッスンがあるのですが、今回はローラーを使った方法を紹介したいと思います。

f:id:feldenhiroshima:20160820235705j:plain

ローラーは高価なものもありますが、DIYショップやスポーツ用品店だと安価に簡単に手に入ります。

ネットでも購入できますので検索してみてください。

 

仰向けに寝て自分の体の状態を観察します。

仰向けに寝て床と体の触れている様子に注意を向けます。

床に触れているのはどこですか?

床から離れているのは どこでしょう?

ローラーの上に寝ます。

両膝を立て、両手を床について後ろ向きにローラーに座ります。

f:id:feldenhiroshima:20160821012514j:plain

ゆっくりと背中に沿わせるようにローラーの上にのるようにします。

頭までのるように調整してください。

ローラーの上では必ず両手のひらを床につけていてください。

両膝も立て、自分でバランスをとるようにします。

目は必ず開けているようにしましょう!

しばらくローラーの上で体を少しづつ動かしながら、自分が心地いいと思える位置を探してください。

体を左右に小さく揺らしながらローラを転がします。
この動きを何回か繰り返します。

ローラーと体はぴったりくっついた状態で動かします。

このとき、骨盤がどのように動いているかに注意を 向けてください。

f:id:feldenhiroshima:20160821012524j:plain

骨盤が左右に動いているのに気がつきますか?

股関節にも注意を向けましょう。

どのように動いているでしょうか?

少し休みます。

もう一度、体を左右に小さく揺らしながらローラを転がします。
この動きを何回か繰り返します。

ローラーを転がしながら、頭が何をしているかに注意を向けます。

骨盤が転がるとき、頭はどちらに転がろうとしますか?

骨盤が転がるのと反対方向に頭を転がしてみましょう。

同じ方向にも転がしてみましょう。

f:id:feldenhiroshima:20160821012534j:plain

右でも左でも自分が降りやすい方に、骨盤からゆっくりとずり落ちるように降りましょう。

すぐに起き上がらないで、床の上で休みましょう。

床と体の触れている部分に注意を向けます。

レッスン前と比べて床に寝ている様子は変わりましたか?

立ち上がってお部屋を歩いてみましょう。
歩いた感じはどうですか?

以上です。

片方の脚を持ち上げて同じようにローラーを転がす方法もあります。

f:id:feldenhiroshima:20160821012546j:plain

余裕のある方はやってみてくださいね!

 

肩こりや腰痛で困ってるんだけど・・・とおっしゃられる方に私はこのレッスンをよく紹介します。

時間のない方は、ローラーの上に寝てただゴロゴロしている方もいらっしゃいます。

お子さんと一緒にやっている方もいらっしゃるようです。

レッスンを受けた方からは、簡単にできて肩や腰がラクになったというお声もいただいています。

どの位たくさん転がせるか?

何回できるか?ということは重要ではありません。

動きをやっている間

骨盤は?頭は?

力を使ってない?

呼吸は止めてない?

など・・・

体の色々な部分に注意を向ける

ことがとても重要です。

ローラーを使ったレッスンに興味のある方、このブログを読んだだけでは分からないよ~という方はぜひご連絡くださいね!

 

こちらの記事もご覧ください

2019/4/1

「歩く」ってどういうことですか?と聞かれたら、あなたはどう答えますか?

「歩く」ってどういうことでしょう? と、聞かれたらあなたはどう答えますか? 歩くのが難しい、歩くときに足が前にでないと言われる方に私はよくこの質問をします。 大抵の人は答えに詰まってしまいます。 なぜなら、当たり前なことほど分からないからです。 先日、個人レッスンをした方も同じ悩みを持っていたので、同じ質問をしてみました。 すると、思いもよらない答えが返ってきたのでした。 その方は88歳でしたが、未だに自転車や車にも乗られ、地域の活動にも積極的に参加されている方でした。 若い頃膝を痛めており、腰痛もあって ...

ReadMore

2019/4/6

発症から何年経っていたとしても、カラダの動きを学び直せば可能性は広がる!

随分前に脳梗塞を発症し、年数が経っているのでもうこれ以上動けるようにならないとあきらめている方はいらっしゃませんか? 実は、 自分のやっていることに注意を向ける カラダの動きを学び直す この2つをすることであきらめていた動きを可能にする糸口が見つかります。 以前の記事でもご紹介しましたが、フェルデンクライスメソッドで関わらせてもらっている施設の利用者さまです。 彼女は最近介助なしで車椅子からベッドへの移動ができるようになりました。 ご本人もスタッフもビックリのこの変化! 何が起きたのでしょうか? &nbs ...

ReadMore

no image

2019/3/31

あなたの中に本当の弱さを見つけてそれに負けてしまいなさい

最近、とても印象的なプレゼンテーションを見る機会がありました。 メーガン・ワシントン: なぜ人前で話す恐怖の中で生き続けるのか 内容 ~TED日本語より~ メーガン・ワシントンはオーストラリアを代表する歌手の一人であり、ソングライターです。 そして子供の頃から吃音を抱えています。 この大胆に自分をさらけ出したトークの中で、彼女はどうやってこの言語障がいとつきあっているかを打ち明けます。 「st」の文字が組み合わせられた単語をさけることに始まり、発話直前に言い変えて脳をだますことまで。 そして、そうです、彼 ...

ReadMore

2019/4/6

岩国へ出張レッスンに行ってきました。

先日、岩国へ出張レッスンに行かせてもらいました。 参加者の皆さんはフェルデンクライスメソッドを受けたことのない人たちばかり! でも、主催者の方から、日頃から自分のカラダへの関心が強い方ばかりなんですよ~と聞いていたので安心して会場へ向かいました。   皆さん2時間たっぷり自分に集中して受けてくれました。   参加者の方からは いつもは膝が痛いんですがレッスンの後、痛くなくなりました 来たときは腰が痛かったんですが今はラクになりました など嬉しい感想を頂きました。 ピラティスをやっている ...

ReadMore

2019/3/30

フェルデンクライスメソッドとは?

フェルデンクライスメソッドって何? そんなあなたの疑問にお答えします。 目次1 フェルデンクライスメソッドとは2 こんな方におすすめ!3 「治す」のではなく、「本来の自分を思い出す」 フェルデンクライスメソッドとは ロシア出身の物理学博士で、教育者としても活躍したモシェ・フェルデンクライス(1904~1984)が考案した「体を使った教育学」です。 膝のケガに苦しんだフェルデンクライスは、自分の体と幅広い知識、生理学、解剖学、心理学などを取り入れ、手術を受けることなく膝の回復に成功。 その時の経験を活かして ...

ReadMore

2019/4/3

フェルデンクライス広島の個人レッスン

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります。 そのうちの1つ、個人レッスンについてのご案内です。   目次1 個人レッスン (Functional IntegrationⓇ=FIレッスン)2 お申込みはこちらから 個人レッスン (Functional IntegrationⓇ=FIレッスン) 個人レッスンはお客様の悩みや問題をもとに、直接お客様の体に触れてレッスンを行っていきます。 テーブルに寝たり、座ったり、時には立ったりと様々な姿勢で体を動かしていきます。 普段は使われていない体 ...

ReadMore

2019/4/6

「体操教室で、私だけ床に腰を降ろせなかったのが嫌だったんです。」というクライアントさまのお話

フェルデンクライスメソッドのレッスンに通ってくださっているクライアントさん なんと!80歳代! 変形性の膝関節症や腰痛などがあるものの、できるだけ元気でいたいと近くの体操教室やジムにも通っていらっしゃいます。 そんな好奇心いっぱいの彼女が嬉しい変化を報告してくれました。   彼女は家の近くの体操教室に通っています。 体操教室では、床に腰を降ろしてやる運動があるらしいのですが、いつも椅子に座ってやっていたそうです。 でも、せっかく来たんだから皆と一緒の運動がしたいな・・・といつも思っていたようなの ...

ReadMore

2019/3/31

重要な学習はすでに知っていることを別のやり方でできること

先日、スペーシアでの初めてのグループレッスンがありました。 フェルデンクライスメソッドのレッスンは動き自体はとてもシンプルなのですが、同じ動きをイメージややり方を変えて動くということをよくします。 今回のレッスンでも、動きの指示は「右のお尻を床から持ち上げて降ろす」という単純な動きなのですが、動きは同じでもやり方を色々変えて動くというレッスンでした。 参加者の方からも、 「やり方は一つではないんですね」 「いつもと違うやり方で動いていくとできるようになった」 という気づきがあったようでした。 でも、どうし ...

ReadMore

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります

あなたにあわせて悩み解消! 個人レッスン

インストラクターがハンドリングによって体を動かすレッスンです。

今すぐCHECK


みんなで参加!グループ
レッスン

インストラクターの声かけで、お客様自身が体を動かしていきます。

今すぐCHECK



ランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ

にほんブログ村

-フェルデンクライスとは?

Copyright© フェルデンクライス広島 , 2019 All Rights Reserved.