プロフィール

プロフィール

更新日:

f:id:feldenhiroshima:20150228063531j:plain

藤田千穂

広島県呉市出身。 親戚のお姉ちゃんがみんな看護師という環境に育ち、「私も大きくなったら人の役に立てる看護師になりたい」という思いを幼少時代より抱く。

看護学校を卒業後、外科病棟に就職、日々の業務に追われ、患者さんとゆっくり関わることが出来ない状況にもどかしさを 感じる。

その後結婚を機に退職。

子育てがひと段落ついた頃から療養型病床の個人病院に就職。
再就職直後は寝たきりの高齢者の多さに驚く。

ほとんどの方の寝ている姿勢が自分を守るように固く、丸く、あり得ない体の変形を起こしていることに気づく。

また、そのような状況に対して、寝たきりなのだから仕方ない、今さらどうしようもないという現場の状況に疑問を感じ始める。

この現状に対して「何とかならないか」と思い、独自に情報収集と試行錯誤を重ねる中、フェルデンクライスメソッドに出会う。

経歴

2007年よりフェルデンクライスプロフェッショナルトレーニングプログラム「FPTP YOKOHAMA1」に参加。

4年間のトレーニングを終え、2011年よりプラクティショナーとなる。

2012年よりフェルデンクライス広島を立ち上げ、広島市内でのレッスンをはじめ、 介護施設などでもフェルデンクライスメソッドを導入して活動の場を広げている。

資格・肩書き

フェルデンクライス広島主宰
フェルデンクライスプラクティショナー
看護師

 

よく人から
「どうしてフェルデンクライスメソッドをやろうと思ったの?」
と聞かれますので記事を書きました。

よろしかったらこちらもご覧ください。

どうしてフェルデンクライスメソッドをやろうと思ったのか?~その1~

そもそもどうして「フェルデンクライスメソッド」をやろうと思ったんですか? これは、私が人から良く聞かれる質問です。 看護師という職業を持ってながら、 「フェ、フェ、フェ・・・  ナントかというもの」 ...

続きを見る

どうしてフェルデンクライスメソッドをやろうと思ったのか?~その2~

前回の記事の続きです。 フェルデンクライスメソッドのデモストレーションを見て感動したものの、4年間という長い期間、高額の授業料を払ってまでトレーニングに参加するというのはなかなか決断できませんでした。 ...

続きを見る

 

フェルデンクライス広島にはゆるキャラがいます。

ゆるキャラが誕生したいきさつについての記事です。

フェルデンクライス広島のゆるキャラです。

私のブログのプロフィール写真はフェルデンクライス広島のゆるキャラを使っています。 名前は、「ライスくん」と「ベビーライス」といいます。 そもそも、どうしてこんなキャラが生まれたのかと申しますと・・・ ...

続きを見る

 

こちらの記事もご覧ください

2019/4/4

医療や介護の現場に何でフェルデンクライスメソッドなの?

すっかり秋めいてまいりました。 皆さん、体調など崩されておりませんか? 11月12日(土)広大でフェルデンクライスメソッドワークショップと動きの学習会が開催されます。 今年はこれで最後となります! 広大でのフェルデンクライスメソッドワークショップもあっという間に5年経ちました。 医療や介護にフェルデンクライスメソッド?? でも、何でフェルデンクライスメソッド? 一見すると関係ないように思える分野にフェルデンクライスメソッドを導入しようと思ったのは、日頃の現場で常々感じることがあったからなのです。 &nbs ...

ReadMore

2019/3/30

フェルデンクライスメソッドとは?

フェルデンクライスメソッドって何? そんなあなたの疑問にお答えします。 目次1 フェルデンクライスメソッドとは2 こんな方におすすめ!3 「治す」のではなく、「本来の自分を思い出す」 フェルデンクライスメソッドとは ロシア出身の物理学博士で、教育者としても活躍したモシェ・フェルデンクライス(1904~1984)が考案した「体を使った教育学」です。 膝のケガに苦しんだフェルデンクライスは、自分の体と幅広い知識、生理学、解剖学、心理学などを取り入れ、手術を受けることなく膝の回復に成功。 その時の経験を活かして ...

ReadMore

2019/4/6

発症から何年経っていたとしても、カラダの動きを学び直せば可能性は広がる!

随分前に脳梗塞を発症し、年数が経っているのでもうこれ以上動けるようにならないとあきらめている方はいらっしゃませんか? 実は、 自分のやっていることに注意を向ける カラダの動きを学び直す この2つをすることであきらめていた動きを可能にする糸口が見つかります。 以前の記事でもご紹介しましたが、フェルデンクライスメソッドで関わらせてもらっている施設の利用者さまです。 彼女は最近介助なしで車椅子からベッドへの移動ができるようになりました。 ご本人もスタッフもビックリのこの変化! 何が起きたのでしょうか? &nbs ...

ReadMore

2019/5/16

肩こり、腰痛持ちの改善例多数!家でできる簡単エクササイズ

フェルデンクライスのレッスンに来られる方は、慢性的な肩こり、腰痛、疲れがとれないというお悩みを持っている方が多くいらっしゃいます。 でも、仕事が終わって家に帰ると疲れて何もする気が起きない、疲れを癒すにも忙しくてゆっくりと時間が取れない、という方も多いと思うんですね・・・ そんな方々におススメしているちょっとしたスキマ時間にできるレッスンがありますのでご紹介したいと思います。 フェルデンクライスメソッドのレッスンには色々なレッスンがあるのですが、今回はローラーを使った方法を紹介したいと思います。 ローラー ...

ReadMore

2019/4/1

緊張しやすい私に役立ったフェルデンクライスメソッド

熱戦が繰り広げられているオリンピックもいよいよ佳境に入ってきましたね! 日本選手の活躍に見ているこちらも思わず力が入ってしまいます。 選手たちを見ていると、本番に最高のパフォーマンスを発揮するのって難しいんだな~とつくづく思います。 誰でもミスしたくないと思う瞬間ってあると思うんですね その思いが強いと緊張して体が硬くなってしまう・・・ 緊張を上手く活かせる選手もいれば、上手く気持ちを切り替えられずそのままズルズルいってしまう選手もいるでしょう。 そういう私はかなりの緊張しやすい人間です。 オリンピックを ...

ReadMore

2019/3/31

重要な学習はすでに知っていることを別のやり方でできること

先日、スペーシアでの初めてのグループレッスンがありました。 フェルデンクライスメソッドのレッスンは動き自体はとてもシンプルなのですが、同じ動きをイメージややり方を変えて動くということをよくします。 今回のレッスンでも、動きの指示は「右のお尻を床から持ち上げて降ろす」という単純な動きなのですが、動きは同じでもやり方を色々変えて動くというレッスンでした。 参加者の方からも、 「やり方は一つではないんですね」 「いつもと違うやり方で動いていくとできるようになった」 という気づきがあったようでした。 でも、どうし ...

ReadMore

2019/4/1

「歩く」ってどういうことですか?と聞かれたら、あなたはどう答えますか?

「歩く」ってどういうことでしょう? と、聞かれたらあなたはどう答えますか? 歩くのが難しい、歩くときに足が前にでないと言われる方に私はよくこの質問をします。 大抵の人は答えに詰まってしまいます。 なぜなら、当たり前なことほど分からないからです。 先日、個人レッスンをした方も同じ悩みを持っていたので、同じ質問をしてみました。 すると、思いもよらない答えが返ってきたのでした。 その方は88歳でしたが、未だに自転車や車にも乗られ、地域の活動にも積極的に参加されている方でした。 若い頃膝を痛めており、腰痛もあって ...

ReadMore

2019/4/4

痛みに対してフェルデンクライスメソッドでは何をするのか?

体のどこかに痛みのある状態は、体の一部に力が集中してかかっていた可能性があります。 痛みを軽減させるには、部分的にかかっている力を分散させていく動きを身につける必要があります。 フェルデンクライスメソッドでは、痛みに対してどのように考えてレッスンをしていくのか? 今回は、膝の痛みを例にして考えてみましょう。   膝は曲げ伸ばしの動きが得意です。 ところが、他の部分の動きが悪いために、膝に負担がかかってきます。 膝が本来得意でない回す動きや、横の動きをやらざるをえなくなり、力が集中的にかかり痛みが ...

ReadMore

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります

あなたにあわせて悩み解消! 個人レッスン

インストラクターがハンドリングによって体を動かすレッスンです。

今すぐCHECK


みんなで参加!グループ
レッスン

インストラクターの声かけで、お客様自身が体を動かしていきます。

今すぐCHECK



ランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ

にほんブログ村

-プロフィール

Copyright© フェルデンクライス広島 , 2019 All Rights Reserved.