医療・介護に役立つ情報

床ずれ防止と拘縮予防に、ポジショニングを導入したらそれで安心していませんか?

更新日:

ポジショニングという言葉が最近よく聞かれるようになりました。

「ポジショニングの目的」で検索すると、

・床ずれ(褥瘡)の予防
・拘縮予防、改善

この2つがダントツで出てきます。

私のブログでも、ポジショニングとセットでこの言葉がよく検索されています。

以前の記事でもポジショニングについて書きました。

床ずれ、拘縮予防のために入れてあるそのクッションは本当に予防できているでしょうか?

医療や介護の現場では、床ずれや手や足が変形を起こさないように体の下にクッションを入れます。 姿勢変形を改善させるため、あるいは予防のためにと入れたクッションは果たしてきちんと機能しているでしょうか? ...

続きを見る

確かに、ポジショニングを導入すると、床ずれ(褥瘡)、拘縮(関節が硬くなっている状態)の予防や改善にはなると思います。

2か月に1回開催される学習会でも、ポジショニングで患者さんの

筋緊張が緩和した、
床ずれ(褥瘡)、
拘縮(関節が硬くなっている状態)がよくなってきた

というお話はよく聞きます。

上の写真はポジショニング導入前と後の写真です。

この方はポジショニングを導入してから膝関節が伸びるようになりましたし、体の捻じれも徐々に改善してきました。

筋肉の緊張がなくなった、リラックスできるようになったまではいいのですが、 これで終わりなのでしょうか?

今回は私なりのポジショニングの目的について考えてみました。

 

そもそも、何で床ずれ(褥瘡)や拘縮(関節が硬くなっている状態)って起きてしまうのでしょうか?

色々な原因は考えられますが、一番はやはり動きが少なくなること、もしくは、動く環境を提供されていないことだと思うのです。

動きが少なくなることは、患者さんの状態が大きいと思いますが、現場でよく見られるのは動く環境を提供されていない状況です。

これは関わる側、つまり

医療者や介護者側の問題

だと思うのです。

ポジショニングを導入して、患者さんの筋肉の緊張を緩和させた!

床ずれ(褥瘡)が治った!

そこまではいいですが、それで終わりなのでしょうか?

それで終わっていたとしたら・・・

大変もったいないことをしています!!

例えば寝返りはどうしていますか?

オムツ交換では一番使う動きですよね?

例えばこんな寝返りの介助だと・・・

f:id:feldenhiroshima:20160808102351p:plain

せっかくポジショニングで筋肉の緊張が緩んだ、または関節が動きやすくなったとしても全く生かされていませんよね?

ポジショニングを導入しているにもかかわらず、寝返りなどの

動きの介助は全く変わってない

という現場は多いのです。

上の介助方法だと股関節や膝関節は動かしていませんし、足底(足の裏)で床を押すこともしていません。

赤ちゃんの寝返りを見てください。

f:id:feldenhiroshima:20160808100943j:plain

ちゃんと左足を使ってます。

股関節や膝を曲げていますし、足の裏で床を押しています。

両腕も寝返るために使っています。

これが人が本来持っている動きなんです。

患者さんが膝立てができるなら立てましょう。

足底(足の裏)をつけて床を押す動きを助けましょう。

私が思うポジショニングとは、

動きを引き出すための準備運動

のようなものだと思っています。

体を安定させ保持するだけではありません。

除圧や体圧分散するだけのものでもないのです。

ポジショニングで日頃から関節や筋肉の緊張が減れば、寝返りや起き上がりは随分とラクになります。

上の写真の赤ちゃんのような寝返りを提供されていれば、

股関節や膝は常に使う機会を与えられるし、足底(足の裏)で床を押すので足首も動かします。

拘縮(関節が硬くなっている状態)や尖足(つま先立ちの状態)は改善してくるでしょう。

ポジショニングだけで終わってしまって、動く環境を提供されていなければ、せっかくの成果が薄れてしまうような気がします。

わずかでも患者が自ら動くことができれば、動く環境を提供されていれば、床ずれ(褥瘡)や拘縮(関節が硬くなっている状態)のリスクは減ってくるはずです。

ポジショニングで効果が得られたら、必ず動きを提供することを次に加えてほしいなぁ~と思います。

 

こちらの記事もご覧ください

2019/4/3

フェルデンクライス広島の個人レッスン

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります。 そのうちの1つ、個人レッスンについてのご案内です。   目次1 個人レッスン (Functional IntegrationⓇ=FIレッスン)2 お申込みはこちらから 個人レッスン (Functional IntegrationⓇ=FIレッスン) 個人レッスンはお客様の悩みや問題をもとに、直接お客様の体に触れてレッスンを行っていきます。 テーブルに寝たり、座ったり、時には立ったりと様々な姿勢で体を動かしていきます。 普段は使われていない体 ...

ReadMore

2019/4/4

痛みに対してフェルデンクライスメソッドでは何をするのか?

体のどこかに痛みのある状態は、体の一部に力が集中してかかっていた可能性があります。 痛みを軽減させるには、部分的にかかっている力を分散させていく動きを身につける必要があります。 フェルデンクライスメソッドでは、痛みに対してどのように考えてレッスンをしていくのか? 今回は、膝の痛みを例にして考えてみましょう。   膝は曲げ伸ばしの動きが得意です。 ところが、他の部分の動きが悪いために、膝に負担がかかってきます。 膝が本来得意でない回す動きや、横の動きをやらざるをえなくなり、力が集中的にかかり痛みが ...

ReadMore

2019/4/1

フェルデンクライス広島のグループレッスン

フェルデンクライスメソッドのレッスンには2つのレッスンがあります。 そのうちの1つ、グループレッスンについてのご案内です。   目次1 グループレッスン (Awareness Through Movement Ⓡ=ATMレッスン)2 お申込みはこちらから グループレッスン (Awareness Through Movement Ⓡ=ATMレッスン) グループレッスンは、床の上でご自分で体を動かしていただきます。 特徴的なのは、教師が目の前でお手本(正しい動き)を見せないということです。 動きの指 ...

ReadMore

2019/4/4

医療や介護の現場に何でフェルデンクライスメソッドなの?

すっかり秋めいてまいりました。 皆さん、体調など崩されておりませんか? 11月12日(土)広大でフェルデンクライスメソッドワークショップと動きの学習会が開催されます。 今年はこれで最後となります! 広大でのフェルデンクライスメソッドワークショップもあっという間に5年経ちました。 医療や介護にフェルデンクライスメソッド?? でも、何でフェルデンクライスメソッド? 一見すると関係ないように思える分野にフェルデンクライスメソッドを導入しようと思ったのは、日頃の現場で常々感じることがあったからなのです。 &nbs ...

ReadMore

2019/4/6

岩国へ出張レッスンに行ってきました。

先日、岩国へ出張レッスンに行かせてもらいました。 参加者の皆さんはフェルデンクライスメソッドを受けたことのない人たちばかり! でも、主催者の方から、日頃から自分のカラダへの関心が強い方ばかりなんですよ~と聞いていたので安心して会場へ向かいました。   皆さん2時間たっぷり自分に集中して受けてくれました。   参加者の方からは いつもは膝が痛いんですがレッスンの後、痛くなくなりました 来たときは腰が痛かったんですが今はラクになりました など嬉しい感想を頂きました。 ピラティスをやっている ...

ReadMore

2019/3/31

重要な学習はすでに知っていることを別のやり方でできること

先日、スペーシアでの初めてのグループレッスンがありました。 フェルデンクライスメソッドのレッスンは動き自体はとてもシンプルなのですが、同じ動きをイメージややり方を変えて動くということをよくします。 今回のレッスンでも、動きの指示は「右のお尻を床から持ち上げて降ろす」という単純な動きなのですが、動きは同じでもやり方を色々変えて動くというレッスンでした。 参加者の方からも、 「やり方は一つではないんですね」 「いつもと違うやり方で動いていくとできるようになった」 という気づきがあったようでした。 でも、どうし ...

ReadMore

2019/4/1

緊張しやすい私に役立ったフェルデンクライスメソッド

熱戦が繰り広げられているオリンピックもいよいよ佳境に入ってきましたね! 日本選手の活躍に見ているこちらも思わず力が入ってしまいます。 選手たちを見ていると、本番に最高のパフォーマンスを発揮するのって難しいんだな~とつくづく思います。 誰でもミスしたくないと思う瞬間ってあると思うんですね その思いが強いと緊張して体が硬くなってしまう・・・ 緊張を上手く活かせる選手もいれば、上手く気持ちを切り替えられずそのままズルズルいってしまう選手もいるでしょう。 そういう私はかなりの緊張しやすい人間です。 オリンピックを ...

ReadMore

2019/4/1

動きのイメージを変えることで、できなかったことを可能に

前回の記事で登場した88歳の方とのレッスン。 Aさんの悩みは歩くのが難しいということでした。 前回の記事はこちらから Aさんは趣味でゴルフをしているのですが、最近は腰や膝が痛くて前にかがめないためにカップインしたボールが取れなくて困っている、ということでした。 今回はその時の様子についてのお話です。 動きを難しくしている原因は色々ありますが、その原因の一つとして、「自分の動きや体のイメージの思い込み」が関係していることがあります。 私たちは無意識ですが、自分の動きや体にイメージを持って体を動かしています。 ...

ReadMore

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります

あなたにあわせて悩み解消! 個人レッスン

インストラクターがハンドリングによって体を動かすレッスンです。

今すぐCHECK


みんなで参加!グループ
レッスン

インストラクターの声かけで、お客様自身が体を動かしていきます。

今すぐCHECK



ランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ

にほんブログ村

-医療・介護に役立つ情報

Copyright© フェルデンクライス広島 , 2019 All Rights Reserved.