医療・介護に役立つ情報

うがいができない人の口腔ケアお役立ちグッズいろいろ

更新日:

f:id:feldenhiroshima:20151009180746j:plain

口腔ケアって聞いたことありますか?

いわゆる「お口のお手入れ」のことです。

最近は誤嚥性肺炎予防への効果が大きいとして医療や介護の現場でも口腔ケアが注目されてくるようになりました。

口腔ケアに関連するグッズも色々な商品が出ています。

今回は在宅介護に関わってきた中で、これは便利だな~というグッズを紹介したいと思います。
(2015.10.12 追記あり)

 

高齢者・要介護者のお口の中の特徴

グッズを紹介する前に、高齢や要介護者のお口の中の特徴を知っておく必要があります。

高齢者は自浄作用が低下しているために粘膜疾患や歯周病を起こしやすい状態にあります。

また、自浄作用が低下しているので唾液の分泌も少なく、口腔内が乾燥しやすくなっています。

運動障害やまひのある方も口腔機能が充分でないために同じようなことが起こります。

日頃の介護に忙しく、お口のケアは見落とされがちになりますが、お口の状態が良くないと、噛む、飲み込む、しゃべることが難しくなったり、場合によっては体の状態にも影響を及ぼすことがあるのです。

 

どうして口腔ケアが注目されるようになったのか?

誤嚥性肺炎って聞いたことはありますか?

お口の中の細菌などが誤って気管に入り肺炎を起こすものです。

誤嚥性肺炎には2つあります。

①食べ物が誤って気道に入ってしまうことが原因

②唾液を飲み込む際に、その中の細菌が誤って肺に入ってしまうことが原因

胃ろうや点滴で食べてないから大丈夫と思われる方もいらっしゃいますが実は誤嚥性肺炎は食べていなくても起こります。

上記の②のケースの場合です。

高齢者においては、睡眠時など知らない間に唾液を誤嚥してしまっていることが多く、死因の高位にもくるほどです。

ですから、日頃からお口の中を清潔にして細菌が繁殖しない状況を保っておく必要があるのです。

口腔ケアが誤嚥性肺炎に効果があるというのは、様々な研究でも明らかになってきています。

 

口腔ケアお役立ちグッズ

まず、歯磨きに必要なものといえば歯ブラシ

f:id:feldenhiroshima:20151010120007j:plain

でも、色々あって迷いますよね~

特に高齢者は歯がすべて揃っていることは少なく、認知症の方などは口を開けたがらない方が多いのでケアが難しいこともあります。

歯ブラシは大人用のものよりも子供用歯ブラシの方が小さくて磨きやすいように思います。

以前、歯科の先生がおすすめしていたのは、電動歯ブラシでした。

電動歯ブラシは当てておくだけで磨けるので簡単だそうです。

口を開けたがらないので困るんですがと質問したら、「実は口を閉じている方が、唇の内側の粘膜・頬と、上下の歯の空間のところが磨きやすいんですよ」と教えてくださいました。

口腔前庭というところだそうですが、確かにここは食べカスなどが溜まりやすいところですね。

でも・・・自分でうがいができたり、きちんと座れる方は比較的楽だと思うのですが、問題はそうでない人ですよね~

うがいや飲み込みが悪い人、寝たきりの方などはどうすればいいでしょうか?

自分でうがいできない人は、それこそ洗浄液などが気管に入ってしまって誤嚥性肺炎になってしまうこともあります。

ケアする側も怖いですよね・・・

介護現場でよくオススめするのは・・・

スポンジブラシというものです。

f:id:feldenhiroshima:20151010091205j:plain

以前に比べて色々なメーカーから出ています。

100円ショップにもあってびっくりしたんですが・・・

これはスポンジ部分を水に浸してギュッとしぼって口の中を拭うように使うものです。

柄の部分が紙製とプラスチック製があります。

でも、これでも飲み込む力が弱っている人にとってはちょっとの水が気管に入ってしまうことが肺炎の原因になるので注意が必要です。

誤嚥を防ぎながら安全にケアできるグッズがあります。

ただし、これらの商品は吸引器という痰や唾液を吸うことのできる器械が必要ですから、在宅の方は担当のケアマネさんなどに聞いてみるといいと思います。

 

f:id:feldenhiroshima:20151010091220j:plain

f:id:feldenhiroshima:20151010091353j:plain

f:id:feldenhiroshima:20151010091234j:plain

先がスポンジになっているのとブラシになっているのとがあります。

反対側の方に吸引器をつなげ、吸引しながらケアを行うことができます。

これはかなり便利で、在宅で介護されている方におススメしています。

以前は口の中が汚かった、痰が多かった人も、このグッズで格段にきれいになりました。家族の方にも取り扱いが簡単だと好評です。

何より誤嚥を防ぐことができて安全!というのがいいと思います。

院外処方を取り扱っている調剤薬局で購入することができます。

ドラッグストアなどではまだ見たことがありません、残念ながら・・・

*追記*
最近はネットでも購入できるようです。
「吸引歯ブラシ」で検索するといいです。
他にも「口腔ケア グッズ」で検索すると、 口腔ケアに関連する商品が出てきます。
興味のある方はご覧になってくださいね~

違う会社ですが、こちらも同じような商品です。

これは、チューブのところを吸引器につなげるタイプです。

f:id:feldenhiroshima:20151010085548p:plain

f:id:feldenhiroshima:20151010085637p:plain

詳しくはこちらのサイトをご覧になってくださいね。

ocmedical.jp

ウエットティッシュタイプもあります。

これは、ウェットティッシュを指や割り箸のようなものに巻きつけてお口の中を拭うタイプです。最近はミントやメントール配合なんてのもあります。

基本はブラシで磨くのが一番ですが、頬のウラを拭いたりちょっとスッキリしたいときに補助的に使用するのがいいと思います。

また、寝たきりの方は口腔内が乾燥しやすいので口の中用の保湿ジェルというのもあります。

ざっとグッズのみに焦点をあててご紹介してきましたが、口腔ケアでもう一つ注意してもらいたいのが姿勢です。

誤嚥性肺炎を起こさないためにはとても重要なことです。

基本としては椅子に座って、ベットであれば必ず上半身を起こして・・・など色々ありますが、長くなってしまうので今回はこれぐらいに・・・

参考になるサイトをご紹介しておきますのでこちらもご覧になってくださいね~

ocmedical.jp

www.kokucare.jp

 

こちらの記事もご覧ください

2019/4/4

痛みに対してフェルデンクライスメソッドでは何をするのか?

体のどこかに痛みのある状態は、体の一部に力が集中してかかっていた可能性があります。 痛みを軽減させるには、部分的にかかっている力を分散させていく動きを身につける必要があります。 フェルデンクライスメソッドでは、痛みに対してどのように考えてレッスンをしていくのか? 今回は、膝の痛みを例にして考えてみましょう。   膝は曲げ伸ばしの動きが得意です。 ところが、他の部分の動きが悪いために、膝に負担がかかってきます。 膝が本来得意でない回す動きや、横の動きをやらざるをえなくなり、力が集中的にかかり痛みが ...

ReadMore

2019/4/6

「体操教室で、私だけ床に腰を降ろせなかったのが嫌だったんです。」というクライアントさまのお話

フェルデンクライスメソッドのレッスンに通ってくださっているクライアントさん なんと!80歳代! 変形性の膝関節症や腰痛などがあるものの、できるだけ元気でいたいと近くの体操教室やジムにも通っていらっしゃいます。 そんな好奇心いっぱいの彼女が嬉しい変化を報告してくれました。   彼女は家の近くの体操教室に通っています。 体操教室では、床に腰を降ろしてやる運動があるらしいのですが、いつも椅子に座ってやっていたそうです。 でも、せっかく来たんだから皆と一緒の運動がしたいな・・・といつも思っていたようなの ...

ReadMore

2019/4/1

頭で「知る」学びと体験を通して感覚的に「身につく」学び

「学び」という言葉を聞いて皆さんが思い浮かぶことは何ですか? 一般的には知識として頭で「知る」という学びを思い浮かべることが多いと思います。 それに対して、フェルデンクライスメソッドで「学び」というときは、頭で「知る」という学び」よりも体験を通して感覚的に「身につく」ような「学び」をいっていることが多いと思います。 個人レッスンをした演奏家の方からの感想です。 感想の中で書いてある言葉の中に、 「理屈としては理解していたことを実際に身体で 感じることができたのでとてもよかったです」 というのがありました。 ...

ReadMore

2019/4/6

動きはカラダがするものではなく、脳がするもの

私たちは日常の中でさまざまな動きをしています。 例えば朝目が覚めたら、寝返る、座る、立ち上がる、歩く、ドアを開けるために腕を使う・・・などカラダを動かしていますよね? 私たちが何気なくやっている動き、全てカラダがやっていると思いますか?   実際は・・・ 脳が全てやっていることなんです。 私たちが動く時は脳が命令して初めてカラダを動かすことができるんです! 神経科学者であるグレッグ・ゲイジが運動と脳の働きについて楽しく、ちょっと不思議なデモをやっています。 彼が凄いのは、安価な実験キットで脳の働 ...

ReadMore

2019/4/1

フェルデンクライス広島のグループレッスン

フェルデンクライスメソッドのレッスンには2つのレッスンがあります。 そのうちの1つ、グループレッスンについてのご案内です。   目次1 グループレッスン (Awareness Through Movement Ⓡ=ATMレッスン)2 お申込みはこちらから グループレッスン (Awareness Through Movement Ⓡ=ATMレッスン) グループレッスンは、床の上でご自分で体を動かしていただきます。 特徴的なのは、教師が目の前でお手本(正しい動き)を見せないということです。 動きの指 ...

ReadMore

2019/4/3

フェルデンクライス広島の個人レッスン

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります。 そのうちの1つ、個人レッスンについてのご案内です。   目次1 個人レッスン (Functional IntegrationⓇ=FIレッスン)2 お申込みはこちらから 個人レッスン (Functional IntegrationⓇ=FIレッスン) 個人レッスンはお客様の悩みや問題をもとに、直接お客様の体に触れてレッスンを行っていきます。 テーブルに寝たり、座ったり、時には立ったりと様々な姿勢で体を動かしていきます。 普段は使われていない体 ...

ReadMore

2019/4/6

岩国へ出張レッスンに行ってきました。

先日、岩国へ出張レッスンに行かせてもらいました。 参加者の皆さんはフェルデンクライスメソッドを受けたことのない人たちばかり! でも、主催者の方から、日頃から自分のカラダへの関心が強い方ばかりなんですよ~と聞いていたので安心して会場へ向かいました。   皆さん2時間たっぷり自分に集中して受けてくれました。   参加者の方からは いつもは膝が痛いんですがレッスンの後、痛くなくなりました 来たときは腰が痛かったんですが今はラクになりました など嬉しい感想を頂きました。 ピラティスをやっている ...

ReadMore

2019/3/31

心にもとどく、フェルデンクライスメソッド

「もっと頑張ろう!」「気合を入れろ!」など、分かっているけど気合や根性だけではどうにもならないとき、どんなに平静を保とうとしても同じシチュエーションになるとまた緊張してしまう・・・こんな時はどうしますか? 上手くいかないときは「もっと頑張れ!」とか「気合を入れろ!」緊張しやすいと「平常心で!」とか「気持ちを強く持って!」落ち込んでいたら「クヨクヨするな」とか「プラス思考でね」とか・・・ 心が不安定な時は気持ちや心の在り方で何とかしようとしますよね? でも、自分では分かっていてもなかなかできない・・・ それ ...

ReadMore

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります

あなたにあわせて悩み解消! 個人レッスン

インストラクターがハンドリングによって体を動かすレッスンです。

今すぐCHECK


みんなで参加!グループ
レッスン

インストラクターの声かけで、お客様自身が体を動かしていきます。

今すぐCHECK



ランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ

にほんブログ村

-医療・介護に役立つ情報

Copyright© フェルデンクライス広島 , 2019 All Rights Reserved.