医療・介護に役立つ情報

寝たきりの方の「浮腫み」を動きを引き出す移動介助を提供することで改善する

更新日:

f:id:feldenhiroshima:20170208232634j:plain

デイサービスセンターや高齢者介護施設でフットケアを提供していらっしゃる、ナーシングフットケア NIKO代表 山本様からのご依頼で「浮腫み」について講習会をさせて頂きました。

「浮腫み」を改善するのに皆さんはどんな方法をとりますか?

枕などで足を高くする?
マッサージをする?
水分を控える?

色々な方法はあると思いますが、今回は

動きを引き出す移動介助を提供する

という人の動きという視点から「浮腫み」について考えてみることにしました。

 

人が動く時は、筋肉が伸び・縮みをして体を動かします。

この筋肉の伸び・縮みで血液が流れだすことを

筋肉のポンプ作用

と言います。

 

「浮腫み」の原因は、「筋肉のポンプ作用」が充分に働かず、筋肉にある静脈が水分を十分に吸収・回収できずに生じます。

高齢者の「浮腫み」は心臓・腎臓などの病気、低栄養などが原因のこともありますが、

動きが少ないために筋肉が使われず、筋肉のポンプ作用が機能しないこと

によって引き起こされていることが多くみられます。

ですから、「浮腫み」を減らすにはこの筋肉のポンプ作用の働きを手伝うことが有効となります。

それには何が必要か?

それは患者・利用者様に動いてもらうことです。

でも、自分で動けない方もいらっしゃいます。

そういう方は自らが動いていけるような

動きを引き出す介助を提供することが大事です。

動きを引き出す介助って何なの~?

f:id:feldenhiroshima:20170209005112j:plain

ここら辺りで訳分かんなーい!って部屋の隅に閉じこもっちゃった人はもうちょとお付き合いくださいネ。

私は長年、病院や施設に関わってきましたが、そこで提供されている移動介助のほとんどは、患者・利用者様が自ら動く介助というよりも、動けなくなっていくような介助が提供されていることが多いということでした。

ある施設での移動介助の様子です。

f:id:feldenhiroshima:20170209010951j:plain

この方は動ける能力が残っているにも関わらず、自分で動くという介助を提供されてこなかったために身体機能が落ちてきていました。

ご本人も自分ではもう動けないと思っていました。

自分で動いていけるように動きを引き出すように介助すると・・・

f:id:feldenhiroshima:20170209011014j:plain

足底(足の裏)をきちんと床につけて、腕も使って自らが動いて移動することができました。


!!!!注意!!!!
写真では後ろから介助はしていますが、ズボンのウエスト部分の所を掴む、いわゆる「お相撲さんの回し」のように持って行う介助はしていません!体を支えているだけです。

そんなことをしなくても立っていけるように介助すればお尻は持ち上がってきます。
!!!!!!!!!!!

上の介助に比べると筋肉の伸び・縮みが起こっています。

筋肉のポンプ作用が働きだすので「浮腫み」の軽減にも役に立つでしょう。

実際の講習会では私が現場で経験したことやケースを元に体験学習という形で行っていきます。

f:id:feldenhiroshima:20170210064350j:plain

今回は、車椅子で仙骨座り(滑り座り)をしている方の座り直しの介助を実際やってみながら

動きを引き出す移動介助

について色々と体験してもらいました。

私自身、不器用で難しいことをいっぱい覚えるのは苦手なので、シンプルに2つの考え方だけを覚えてもらって皆さんと学んでいきました。

たった2つのことをおさえるだけなので、スタッフさんから分かりやすかったとのお声を頂いたのが嬉しかったです!

 

体の動きや使い方、姿勢について学ぶことから介護の問題を解決しませんか?

介護についての勉強会・講習会のご依頼や、現場でのお困りごとについても受け付けております。

広島市小規模事業所介護人材支援事業という制度を使って研修を受けることができます。
講師費用は広島市が負担してくれます。

詳しくはこちらから
広島市出張介護研修

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・お申し込みはお電話(tel:070-5673-1498)かメールフォームから!

こちらの記事もご覧ください

2019/4/6

発症から何年経っていたとしても、カラダの動きを学び直せば可能性は広がる!

随分前に脳梗塞を発症し、年数が経っているのでもうこれ以上動けるようにならないとあきらめている方はいらっしゃませんか? 実は、 自分のやっていることに注意を向ける カラダの動きを学び直す この2つをすることであきらめていた動きを可能にする糸口が見つかります。 以前の記事でもご紹介しましたが、フェルデンクライスメソッドで関わらせてもらっている施設の利用者さまです。 彼女は最近介助なしで車椅子からベッドへの移動ができるようになりました。 ご本人もスタッフもビックリのこの変化! 何が起きたのでしょうか? &nbs ...

ReadMore

2019/4/6

「体操教室で、私だけ床に腰を降ろせなかったのが嫌だったんです。」というクライアントさまのお話

フェルデンクライスメソッドのレッスンに通ってくださっているクライアントさん なんと!80歳代! 変形性の膝関節症や腰痛などがあるものの、できるだけ元気でいたいと近くの体操教室やジムにも通っていらっしゃいます。 そんな好奇心いっぱいの彼女が嬉しい変化を報告してくれました。   彼女は家の近くの体操教室に通っています。 体操教室では、床に腰を降ろしてやる運動があるらしいのですが、いつも椅子に座ってやっていたそうです。 でも、せっかく来たんだから皆と一緒の運動がしたいな・・・といつも思っていたようなの ...

ReadMore

2019/4/4

医療や介護の現場に何でフェルデンクライスメソッドなの?

すっかり秋めいてまいりました。 皆さん、体調など崩されておりませんか? 11月12日(土)広大でフェルデンクライスメソッドワークショップと動きの学習会が開催されます。 今年はこれで最後となります! 広大でのフェルデンクライスメソッドワークショップもあっという間に5年経ちました。 医療や介護にフェルデンクライスメソッド?? でも、何でフェルデンクライスメソッド? 一見すると関係ないように思える分野にフェルデンクライスメソッドを導入しようと思ったのは、日頃の現場で常々感じることがあったからなのです。 &nbs ...

ReadMore

2019/4/1

フェルデンクライス広島のグループレッスン

フェルデンクライスメソッドのレッスンには2つのレッスンがあります。 そのうちの1つ、グループレッスンについてのご案内です。   目次1 グループレッスン (Awareness Through Movement Ⓡ=ATMレッスン)2 お申込みはこちらから グループレッスン (Awareness Through Movement Ⓡ=ATMレッスン) グループレッスンは、床の上でご自分で体を動かしていただきます。 特徴的なのは、教師が目の前でお手本(正しい動き)を見せないということです。 動きの指 ...

ReadMore

2019/4/1

緊張しやすい私に役立ったフェルデンクライスメソッド

熱戦が繰り広げられているオリンピックもいよいよ佳境に入ってきましたね! 日本選手の活躍に見ているこちらも思わず力が入ってしまいます。 選手たちを見ていると、本番に最高のパフォーマンスを発揮するのって難しいんだな~とつくづく思います。 誰でもミスしたくないと思う瞬間ってあると思うんですね その思いが強いと緊張して体が硬くなってしまう・・・ 緊張を上手く活かせる選手もいれば、上手く気持ちを切り替えられずそのままズルズルいってしまう選手もいるでしょう。 そういう私はかなりの緊張しやすい人間です。 オリンピックを ...

ReadMore

2019/4/3

フェルデンクライス広島の個人レッスン

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります。 そのうちの1つ、個人レッスンについてのご案内です。   目次1 個人レッスン (Functional IntegrationⓇ=FIレッスン)2 お申込みはこちらから 個人レッスン (Functional IntegrationⓇ=FIレッスン) 個人レッスンはお客様の悩みや問題をもとに、直接お客様の体に触れてレッスンを行っていきます。 テーブルに寝たり、座ったり、時には立ったりと様々な姿勢で体を動かしていきます。 普段は使われていない体 ...

ReadMore

2019/4/1

たった1つの動きを変化させると、他の動きにも変化が起こる

フェルデンクライスメソッドである施設に関わっているのですが、ある日、そこの利用者さんから声をかけられました。 彼女は片麻痺で、1日中車椅子で過ごされている方です。 私が廊下を歩いていると、 「車椅子に座っている姿勢がよくないように思うので、これでいいかどうか見てもらえませんか?」 と声をかけられました。 彼女の姿勢をみると、明らかに仙骨座り(滑り座り)をしていて車椅子もこぎにくそうです。 座り直しのやり方だけアドバイスしたのですが、後日様子を見に行くと驚くべきことが起こっていました。 そもそも、仙骨座りっ ...

ReadMore

2019/3/31

重要な学習はすでに知っていることを別のやり方でできること

先日、スペーシアでの初めてのグループレッスンがありました。 フェルデンクライスメソッドのレッスンは動き自体はとてもシンプルなのですが、同じ動きをイメージややり方を変えて動くということをよくします。 今回のレッスンでも、動きの指示は「右のお尻を床から持ち上げて降ろす」という単純な動きなのですが、動きは同じでもやり方を色々変えて動くというレッスンでした。 参加者の方からも、 「やり方は一つではないんですね」 「いつもと違うやり方で動いていくとできるようになった」 という気づきがあったようでした。 でも、どうし ...

ReadMore

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります

あなたにあわせて悩み解消! 個人レッスン

インストラクターがハンドリングによって体を動かすレッスンです。

今すぐCHECK


みんなで参加!グループ
レッスン

インストラクターの声かけで、お客様自身が体を動かしていきます。

今すぐCHECK



ランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ

にほんブログ村

-医療・介護に役立つ情報

Copyright© フェルデンクライス広島 , 2019 All Rights Reserved.