医療・介護に役立つ情報

床ずれ、拘縮予防のために入れてあるそのクッションは本当に予防できているでしょうか?

更新日:

医療や介護の現場では、床ずれや手や足が変形を起こさないように体の下にクッションを入れます。

姿勢変形を改善させるため、あるいは予防のためにと入れたクッションは果たしてきちんと機能しているでしょうか?

予防のために入れたクッションは機能していますか?

医療・介護の現場では、床ずれや手や足が変形を起こさないように体の下にクッションや枕を入れます。

例えば膝が曲がってしまい両脚が倒れやすい人、両膝がくっついてしまって広げられない人に下の写真のようにクッションや枕を入れます。

f:id:feldenhiroshima:20150423075744j:plain

*ポジショニング実践コンパクトガイド監修 伊藤亮子(株)ケープ/刊

 

踵に床ずれができてはいけない!と、やはり下の写真のようにクッションや枕を入れます。

f:id:feldenhiroshima:20150423080322j:plain

*ポジショニング実践コンパクトガイド監修 伊藤亮子 (株)ケープ/刊

 

医療・介護の現場ではよく見る光景です。

床ずれや拘縮を予防するために、これ以上姿勢変形を悪化させないために入れてあるはずのクッションは果たしてうまく機能しているのでしょうか?

実際、上の写真のようにクッションを入れているけど、床ずれや拘縮は一向に改善していない、むしろ悪化しているケースも多いのではないでしょうか?

どうして改善していかないのでしょう?

ポジショニングという考え方

床ずれや拘縮予防のためにクッションを体の下に入れるとき、今までは姿勢保持、良肢位保持というように、体を安定させ保持することが主に考えられてきました。

しかし最近では、

動きを促進し能力や
可能性を広げるために
支持をする

という考え方が一般的になってきています。

寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くはもちろん、食べる、排せつする、眠る、呼吸する、怒る、笑う、これらはすべて動きです。

私たちは動きとは切っても切れない生活をしているのです。

床ずれや拘縮というのは、様々な原因が考えられますが、きっかけは、動きが少なくなることです。

自分で動ける方はいいですが、自分で動くことが難しい人にはポジショニングを考える必要があります。

体を保持するだけでなく、動きも促進するために保持するというのが、ポジショニングの考え方です。

では、具体的にはどうしたらいいのでしょう?

ポジショニングを実践するための解説書ができました!

この度、理学療法士でフェルデンクライスプラクティショナーでもある、伊藤亮子さんが監修された
「ポジショニングコンパクトガイド 実技編」ができました。

とても分かりやすく説明されていて、ちょっとした裏ワザもたくさん載っています。

ちなみに上の写真の方にポジショニングを導入すると・・・

f:id:feldenhiroshima:20150425181114j:plain

f:id:feldenhiroshima:20150425181125j:plain

という感じになります。(ほんの一例です)

このクッションの入れ方と、最初にお見せした入れ方では体にどんな影響があるのでしょう?

どうしてクッションをこういうふうに入れるのでしょう?

気になる方はこちらをご覧ください。
じっくり見たい方はPDFでダウンロードもできますよ!

*コンパクトガイドを希望されるお問い合わせが多いのですが、私は多くの方にお役に立てばとの思いで紹介のみさせてもらっています。
冊子が欲しい方は、下記にケープの会社のHPをご紹介しておりますので、そちらから資料請求してみてくださいね。

HPはこちらから
  ↓  ↓  ↓

コンパクトガイド | 床ずれ基礎知識 |
CAPE:床ずれ防止用具の専門メーカー、株式会社ケープ

 

こちらの記事もご覧ください

2019/4/1

「歩く」ってどういうことですか?と聞かれたら、あなたはどう答えますか?

「歩く」ってどういうことでしょう? と、聞かれたらあなたはどう答えますか? 歩くのが難しい、歩くときに足が前にでないと言われる方に私はよくこの質問をします。 大抵の人は答えに詰まってしまいます。 なぜなら、当たり前なことほど分からないからです。 先日、個人レッスンをした方も同じ悩みを持っていたので、同じ質問をしてみました。 すると、思いもよらない答えが返ってきたのでした。 その方は88歳でしたが、未だに自転車や車にも乗られ、地域の活動にも積極的に参加されている方でした。 若い頃膝を痛めており、腰痛もあって ...

ReadMore

2019/4/1

たった1つの動きを変化させると、他の動きにも変化が起こる~その2~

前回の記事の続きです。 前回の記事は、介護に役立つだけでなく、 私たちの日常生活やパフォーマンス向上にも役に立つ動きです。 なぜなら、この動きはあらゆる姿勢や動きの中でよく使われる動きだからです。 彼女に教えた 車椅子での座り直し  ↓ 寝返り  ↓  上方への移動 これらは同じような体の使い方をしています。 そのため、1つの動きが変化することで他の動きにも変化が起こったわけですがそれはいったい何でしょうか?   それは・・・ 足で床を押して体を転がす(回す) という動きです。 赤ちゃんも寝返り ...

ReadMore

2019/3/31

心にもとどく、フェルデンクライスメソッド

「もっと頑張ろう!」「気合を入れろ!」など、分かっているけど気合や根性だけではどうにもならないとき、どんなに平静を保とうとしても同じシチュエーションになるとまた緊張してしまう・・・こんな時はどうしますか? 上手くいかないときは「もっと頑張れ!」とか「気合を入れろ!」緊張しやすいと「平常心で!」とか「気持ちを強く持って!」落ち込んでいたら「クヨクヨするな」とか「プラス思考でね」とか・・・ 心が不安定な時は気持ちや心の在り方で何とかしようとしますよね? でも、自分では分かっていてもなかなかできない・・・ それ ...

ReadMore

2019/4/6

動きはカラダがするものではなく、脳がするもの

私たちは日常の中でさまざまな動きをしています。 例えば朝目が覚めたら、寝返る、座る、立ち上がる、歩く、ドアを開けるために腕を使う・・・などカラダを動かしていますよね? 私たちが何気なくやっている動き、全てカラダがやっていると思いますか?   実際は・・・ 脳が全てやっていることなんです。 私たちが動く時は脳が命令して初めてカラダを動かすことができるんです! 神経科学者であるグレッグ・ゲイジが運動と脳の働きについて楽しく、ちょっと不思議なデモをやっています。 彼が凄いのは、安価な実験キットで脳の働 ...

ReadMore

no image

2019/3/31

あなたの中に本当の弱さを見つけてそれに負けてしまいなさい

最近、とても印象的なプレゼンテーションを見る機会がありました。 メーガン・ワシントン: なぜ人前で話す恐怖の中で生き続けるのか 内容 ~TED日本語より~ メーガン・ワシントンはオーストラリアを代表する歌手の一人であり、ソングライターです。 そして子供の頃から吃音を抱えています。 この大胆に自分をさらけ出したトークの中で、彼女はどうやってこの言語障がいとつきあっているかを打ち明けます。 「st」の文字が組み合わせられた単語をさけることに始まり、発話直前に言い変えて脳をだますことまで。 そして、そうです、彼 ...

ReadMore

2019/4/4

フェルデンクライスメソッドでは何をしているのか?

フェルデンクライスメソッドって何をしているんだろうか? 最近、改めて考える機会がありまして・・・ 今回は、私なりに考えたフェルデンクライスメソッドについて書きたいと思います。   私たちは誰でも習慣を持っています。 それは、生きていくために今まで自分が選んできたものです。 この習慣があるからこそ私たちは生きてこれたわけです。 習慣がなければ私たちは歩くための一歩さえも出すことができません。 習慣があるからこそ何も考えずに歩くことができるんですね。 でも、ときにその習慣が自分のやりたいこを邪魔する ...

ReadMore

2019/4/6

岩国へ出張レッスンに行ってきました。

先日、岩国へ出張レッスンに行かせてもらいました。 参加者の皆さんはフェルデンクライスメソッドを受けたことのない人たちばかり! でも、主催者の方から、日頃から自分のカラダへの関心が強い方ばかりなんですよ~と聞いていたので安心して会場へ向かいました。   皆さん2時間たっぷり自分に集中して受けてくれました。   参加者の方からは いつもは膝が痛いんですがレッスンの後、痛くなくなりました 来たときは腰が痛かったんですが今はラクになりました など嬉しい感想を頂きました。 ピラティスをやっている ...

ReadMore

2019/4/6

「体操教室で、私だけ床に腰を降ろせなかったのが嫌だったんです。」というクライアントさまのお話

フェルデンクライスメソッドのレッスンに通ってくださっているクライアントさん なんと!80歳代! 変形性の膝関節症や腰痛などがあるものの、できるだけ元気でいたいと近くの体操教室やジムにも通っていらっしゃいます。 そんな好奇心いっぱいの彼女が嬉しい変化を報告してくれました。   彼女は家の近くの体操教室に通っています。 体操教室では、床に腰を降ろしてやる運動があるらしいのですが、いつも椅子に座ってやっていたそうです。 でも、せっかく来たんだから皆と一緒の運動がしたいな・・・といつも思っていたようなの ...

ReadMore

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります

あなたにあわせて悩み解消! 個人レッスン

インストラクターがハンドリングによって体を動かすレッスンです。

今すぐCHECK


みんなで参加!グループ
レッスン

インストラクターの声かけで、お客様自身が体を動かしていきます。

今すぐCHECK



ランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ

にほんブログ村

-医療・介護に役立つ情報

Copyright© フェルデンクライス広島 , 2019 All Rights Reserved.