フェルデンクライスとは?

たった1つの動きを変化させると、他の動きにも変化が起こる~その2~

更新日:


前回の記事の続きです。

たった1つの動きを変化させると、他の動きにも変化が起こる

フェルデンクライスメソッドである施設に関わっているのですが、ある日、そこの利用者さんから声をかけられました。 彼女は片麻痺で、1日中車椅子で過ごされている方です。 私が廊下を歩いていると、 「車椅子に ...

続きを見る

前回の記事は、介護に役立つだけでなく、

私たちの日常生活やパフォーマンス向上にも役に立つ動きです。

なぜなら、この動きはあらゆる姿勢や動きの中でよく使われる動きだからです。

彼女に教えた

車椅子での座り直し
 ↓
寝返り
 ↓ 
上方への移動

これらは同じような体の使い方をしています。

そのため、1つの動きが変化することで他の動きにも変化が起こったわけですがそれはいったい何でしょうか?

 

それは・・・

足で床を押して体を転がす(回す)

という動きです。

赤ちゃんも寝返りをするときやっています。

ヒトが成長発達していく過程でのとても重要な動きです。

f:id:feldenhiroshima:20160808100943j:plain

足で床を押す、

そうすると骨盤が回り、

骨盤が回ると背骨が回り、

次に頭が回り、

体を転がすという動き

に繋がっていきます。

彼女に教えた最初の動きである車椅子での座り直しにもそういった一連の動きが入っています。

この動きができたことで、その動きの要素が入っている

寝返り、上方への移動が可能になったのです。

 

この一連の動きは他にも、

起き上がり

腕を伸ばす

振り返る

階段の昇り降り

歩く

ときなど、私たち日常のあらゆる動きに入っています。

ということは、

足で床を押して体を転がす

動きがよくなれば他の動きもよくなる可能性はあります。

現に彼女は・・・

f:id:feldenhiroshima:20160805000726j:plain

f:id:feldenhiroshima:20160805000746j:plain

f:id:feldenhiroshima:20160805000758j:plain

自分で起き上がれるようになったのです!

まだ、柵を引っ張って起き上がっていますので、今後もレッスンを続けていく必要はありますが、すごい進歩です!

彼女は発症してから時間が経っており、もうこれ以上は良くならないとずっと思っていたそうです。

ですから、自分でできることが増えたのはかなり嬉しかったようでした。

何より彼女は、

成長意欲のとても高い方です。

そんな方だからこそフェルデンクライスメソッドのレッスンがぴったりだったのでしょう。

私たちは大人になっても学ぶことができます。

動きを忘れていたら、いつでも再学習すればいいのです。

これからも彼女をサポートしていくことで、彼女の生活の質がよくなるお手伝いができればと思います。

 

こちらの記事もご覧ください

2019/4/1

フェルデンクライス広島のグループレッスン

フェルデンクライスメソッドのレッスンには2つのレッスンがあります。 そのうちの1つ、グループレッスンについてのご案内です。   目次1 グループレッスン (Awareness Through Movement Ⓡ=ATMレッスン)2 お申込みはこちらから グループレッスン (Awareness Through Movement Ⓡ=ATMレッスン) グループレッスンは、床の上でご自分で体を動かしていただきます。 特徴的なのは、教師が目の前でお手本(正しい動き)を見せないということです。 動きの指 ...

ReadMore

2019/3/30

フェルデンクライスメソッドとは?

フェルデンクライスメソッドって何? そんなあなたの疑問にお答えします。 目次1 フェルデンクライスメソッドとは2 こんな方におすすめ!3 「治す」のではなく、「本来の自分を思い出す」 フェルデンクライスメソッドとは ロシア出身の物理学博士で、教育者としても活躍したモシェ・フェルデンクライス(1904~1984)が考案した「体を使った教育学」です。 膝のケガに苦しんだフェルデンクライスは、自分の体と幅広い知識、生理学、解剖学、心理学などを取り入れ、手術を受けることなく膝の回復に成功。 その時の経験を活かして ...

ReadMore

2019/4/4

痛みに対してフェルデンクライスメソッドでは何をするのか?

体のどこかに痛みのある状態は、体の一部に力が集中してかかっていた可能性があります。 痛みを軽減させるには、部分的にかかっている力を分散させていく動きを身につける必要があります。 フェルデンクライスメソッドでは、痛みに対してどのように考えてレッスンをしていくのか? 今回は、膝の痛みを例にして考えてみましょう。   膝は曲げ伸ばしの動きが得意です。 ところが、他の部分の動きが悪いために、膝に負担がかかってきます。 膝が本来得意でない回す動きや、横の動きをやらざるをえなくなり、力が集中的にかかり痛みが ...

ReadMore

2019/4/4

医療や介護の現場に何でフェルデンクライスメソッドなの?

すっかり秋めいてまいりました。 皆さん、体調など崩されておりませんか? 11月12日(土)広大でフェルデンクライスメソッドワークショップと動きの学習会が開催されます。 今年はこれで最後となります! 広大でのフェルデンクライスメソッドワークショップもあっという間に5年経ちました。 医療や介護にフェルデンクライスメソッド?? でも、何でフェルデンクライスメソッド? 一見すると関係ないように思える分野にフェルデンクライスメソッドを導入しようと思ったのは、日頃の現場で常々感じることがあったからなのです。 &nbs ...

ReadMore

2019/3/31

心にもとどく、フェルデンクライスメソッド

「もっと頑張ろう!」「気合を入れろ!」など、分かっているけど気合や根性だけではどうにもならないとき、どんなに平静を保とうとしても同じシチュエーションになるとまた緊張してしまう・・・こんな時はどうしますか? 上手くいかないときは「もっと頑張れ!」とか「気合を入れろ!」緊張しやすいと「平常心で!」とか「気持ちを強く持って!」落ち込んでいたら「クヨクヨするな」とか「プラス思考でね」とか・・・ 心が不安定な時は気持ちや心の在り方で何とかしようとしますよね? でも、自分では分かっていてもなかなかできない・・・ それ ...

ReadMore

2019/4/4

フェルデンクライスメソッドでは何をしているのか?

フェルデンクライスメソッドって何をしているんだろうか? 最近、改めて考える機会がありまして・・・ 今回は、私なりに考えたフェルデンクライスメソッドについて書きたいと思います。   私たちは誰でも習慣を持っています。 それは、生きていくために今まで自分が選んできたものです。 この習慣があるからこそ私たちは生きてこれたわけです。 習慣がなければ私たちは歩くための一歩さえも出すことができません。 習慣があるからこそ何も考えずに歩くことができるんですね。 でも、ときにその習慣が自分のやりたいこを邪魔する ...

ReadMore

2019/4/6

「体操教室で、私だけ床に腰を降ろせなかったのが嫌だったんです。」というクライアントさまのお話

フェルデンクライスメソッドのレッスンに通ってくださっているクライアントさん なんと!80歳代! 変形性の膝関節症や腰痛などがあるものの、できるだけ元気でいたいと近くの体操教室やジムにも通っていらっしゃいます。 そんな好奇心いっぱいの彼女が嬉しい変化を報告してくれました。   彼女は家の近くの体操教室に通っています。 体操教室では、床に腰を降ろしてやる運動があるらしいのですが、いつも椅子に座ってやっていたそうです。 でも、せっかく来たんだから皆と一緒の運動がしたいな・・・といつも思っていたようなの ...

ReadMore

2019/3/31

重要な学習はすでに知っていることを別のやり方でできること

先日、スペーシアでの初めてのグループレッスンがありました。 フェルデンクライスメソッドのレッスンは動き自体はとてもシンプルなのですが、同じ動きをイメージややり方を変えて動くということをよくします。 今回のレッスンでも、動きの指示は「右のお尻を床から持ち上げて降ろす」という単純な動きなのですが、動きは同じでもやり方を色々変えて動くというレッスンでした。 参加者の方からも、 「やり方は一つではないんですね」 「いつもと違うやり方で動いていくとできるようになった」 という気づきがあったようでした。 でも、どうし ...

ReadMore

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります

あなたにあわせて悩み解消! 個人レッスン

インストラクターがハンドリングによって体を動かすレッスンです。

今すぐCHECK


みんなで参加!グループ
レッスン

インストラクターの声かけで、お客様自身が体を動かしていきます。

今すぐCHECK



ランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ

にほんブログ村

-フェルデンクライスとは?

Copyright© フェルデンクライス広島 , 2019 All Rights Reserved.