フェルデンクライスとは?

緊張しやすい私に役立ったフェルデンクライスメソッド

更新日:

f:id:feldenhiroshima:20160816091441j:plain

熱戦が繰り広げられているオリンピックもいよいよ佳境に入ってきましたね!

日本選手の活躍に見ているこちらも思わず力が入ってしまいます。

選手たちを見ていると、本番に最高のパフォーマンスを発揮するのって難しいんだな~とつくづく思います。

誰でもミスしたくないと思う瞬間ってあると思うんですね

その思いが強いと緊張して体が硬くなってしまう・・・

緊張を上手く活かせる選手もいれば、上手く気持ちを切り替えられずそのままズルズルいってしまう選手もいるでしょう。

そういう私はかなりの緊張しやすい人間です。

オリンピックを見ていたら、フェルデンクライスメソッドのトレーニング中に、緊張しやすい私に新しい発見をさせてくれたエピソードを思い出したので、今回はそれについて書きたいと思います。

これは、フェルデンクライスの指導者になるためのトレーニングを受けていたころのお話です。

トレーニング中は、スーパーヴィジョンといって一般の方を外部から招いて個人レッスンをすることが何回かありました。

私がレッスンをしている様子を先生はもちろん、同期の生徒達からもガン見されてしまうというものでした。

緊張しやすい私にとってこのシチュエーションは

f:id:feldenhiroshima:20160816165951j:plain


た、たすけて・・・

まさにそんな気持ちでした。

私は人から見られるのが苦手です。

本当はそんなことないのに、見られている!と思った途端に緊張してしまうのです。

そんな私が大勢の前でレッスンをしなければならないなんて!

当日は心臓は波打つし頭の中もグチャグチャで、失敗したらどうしよう!緊張してるのがバレたらどうしよう!

そんなことばかりが頭の中を巡っていました。

私はとにかくコンプレックスが多いのです。

不器用で、物事がスムーズに進んだことなんて殆どありません。

ですから、何かしようとすると、また失敗するんじゃないか?

緊張してしまって何もできないんじゃないか?

と思うことがよくありました。

f:id:feldenhiroshima:20160816163919j:plain

そして、だんだんとそういう自分が好きになれず、いつも自分で自分のことを下にみるようになりました。

その自信のなさを隠そうと、他人に対しても必要以上に謙遜してみせたりして、予防線もはっていました。

ある日トレーナーの先生に

「私はすごく緊張しやすいんです。失敗しないかといつも心配なんです」

と言うとトレーーナーの先生は・・・

失敗するという状況を楽しめるようになるといいわね

というじゃあーりませんか!

一瞬「は???」ってなりました。

失敗するって思うから緊張するのにそれをそれを楽しむ???

私はかなり混乱しました。

先生は続けます・・・

今度失敗しそうな状況があったら、今度はどんな失敗をするんだろう?

失敗をするとまた新しいことを学ぶことができる

今度はどんなことを学べるだろうか?

と思うようにしなさいと言うのです。

これは私にとっては全く新しく、とても衝撃的な考え方でした。

失敗をすることを楽しむ?
失敗は新しいことを学ぶチャンス?

でも、そう考えると

失敗をする自分、緊張しやすい自分もそれほど悪くないじゃないか!

と、思えるようになったのです。

確かに、失敗した後や緊張する状況というのはいつもと違う感情が湧いてきます。

心臓がバクバクいったり手が震えたり・・・

でも、それと同時に

今までと比べものにならないくらいの学びもしているのです!

失敗は成功のもと!

という言葉が初めて府に落ちた感じでした。

このトレーニング中に得た考え方は今でも大いに役立っています!

この失敗をすることに関しては、モシェ・フェルデンクライスがこんな言葉を残しています。

間違いをどのようにやるかが分からなければ、どうやって正しくやるかも分からない

フェルデンクライスの残した言葉は色々ありますが、この言葉はレッスンをするときにいつも私と共にあります。

 

こちらの記事もご覧ください

2019/5/16

肩こり、腰痛持ちの改善例多数!家でできる簡単エクササイズ

フェルデンクライスのレッスンに来られる方は、慢性的な肩こり、腰痛、疲れがとれないというお悩みを持っている方が多くいらっしゃいます。 でも、仕事が終わって家に帰ると疲れて何もする気が起きない、疲れを癒すにも忙しくてゆっくりと時間が取れない、という方も多いと思うんですね・・・ そんな方々におススメしているちょっとしたスキマ時間にできるレッスンがありますのでご紹介したいと思います。 フェルデンクライスメソッドのレッスンには色々なレッスンがあるのですが、今回はローラーを使った方法を紹介したいと思います。 ローラー ...

ReadMore

2019/4/6

「体操教室で、私だけ床に腰を降ろせなかったのが嫌だったんです。」というクライアントさまのお話

フェルデンクライスメソッドのレッスンに通ってくださっているクライアントさん なんと!80歳代! 変形性の膝関節症や腰痛などがあるものの、できるだけ元気でいたいと近くの体操教室やジムにも通っていらっしゃいます。 そんな好奇心いっぱいの彼女が嬉しい変化を報告してくれました。   彼女は家の近くの体操教室に通っています。 体操教室では、床に腰を降ろしてやる運動があるらしいのですが、いつも椅子に座ってやっていたそうです。 でも、せっかく来たんだから皆と一緒の運動がしたいな・・・といつも思っていたようなの ...

ReadMore

2019/4/4

痛みに対してフェルデンクライスメソッドでは何をするのか?

体のどこかに痛みのある状態は、体の一部に力が集中してかかっていた可能性があります。 痛みを軽減させるには、部分的にかかっている力を分散させていく動きを身につける必要があります。 フェルデンクライスメソッドでは、痛みに対してどのように考えてレッスンをしていくのか? 今回は、膝の痛みを例にして考えてみましょう。   膝は曲げ伸ばしの動きが得意です。 ところが、他の部分の動きが悪いために、膝に負担がかかってきます。 膝が本来得意でない回す動きや、横の動きをやらざるをえなくなり、力が集中的にかかり痛みが ...

ReadMore

2019/3/31

心にもとどく、フェルデンクライスメソッド

「もっと頑張ろう!」「気合を入れろ!」など、分かっているけど気合や根性だけではどうにもならないとき、どんなに平静を保とうとしても同じシチュエーションになるとまた緊張してしまう・・・こんな時はどうしますか? 上手くいかないときは「もっと頑張れ!」とか「気合を入れろ!」緊張しやすいと「平常心で!」とか「気持ちを強く持って!」落ち込んでいたら「クヨクヨするな」とか「プラス思考でね」とか・・・ 心が不安定な時は気持ちや心の在り方で何とかしようとしますよね? でも、自分では分かっていてもなかなかできない・・・ それ ...

ReadMore

2019/4/1

フェルデンクライス広島のグループレッスン

フェルデンクライスメソッドのレッスンには2つのレッスンがあります。 そのうちの1つ、グループレッスンについてのご案内です。   目次1 グループレッスン (Awareness Through Movement Ⓡ=ATMレッスン)2 お申込みはこちらから グループレッスン (Awareness Through Movement Ⓡ=ATMレッスン) グループレッスンは、床の上でご自分で体を動かしていただきます。 特徴的なのは、教師が目の前でお手本(正しい動き)を見せないということです。 動きの指 ...

ReadMore

2019/4/1

頭で「知る」学びと体験を通して感覚的に「身につく」学び

「学び」という言葉を聞いて皆さんが思い浮かぶことは何ですか? 一般的には知識として頭で「知る」という学びを思い浮かべることが多いと思います。 それに対して、フェルデンクライスメソッドで「学び」というときは、頭で「知る」という学び」よりも体験を通して感覚的に「身につく」ような「学び」をいっていることが多いと思います。 個人レッスンをした演奏家の方からの感想です。 感想の中で書いてある言葉の中に、 「理屈としては理解していたことを実際に身体で 感じることができたのでとてもよかったです」 というのがありました。 ...

ReadMore

2019/4/1

緊張しやすい私に役立ったフェルデンクライスメソッド

熱戦が繰り広げられているオリンピックもいよいよ佳境に入ってきましたね! 日本選手の活躍に見ているこちらも思わず力が入ってしまいます。 選手たちを見ていると、本番に最高のパフォーマンスを発揮するのって難しいんだな~とつくづく思います。 誰でもミスしたくないと思う瞬間ってあると思うんですね その思いが強いと緊張して体が硬くなってしまう・・・ 緊張を上手く活かせる選手もいれば、上手く気持ちを切り替えられずそのままズルズルいってしまう選手もいるでしょう。 そういう私はかなりの緊張しやすい人間です。 オリンピックを ...

ReadMore

2019/4/1

「歩く」ってどういうことですか?と聞かれたら、あなたはどう答えますか?

「歩く」ってどういうことでしょう? と、聞かれたらあなたはどう答えますか? 歩くのが難しい、歩くときに足が前にでないと言われる方に私はよくこの質問をします。 大抵の人は答えに詰まってしまいます。 なぜなら、当たり前なことほど分からないからです。 先日、個人レッスンをした方も同じ悩みを持っていたので、同じ質問をしてみました。 すると、思いもよらない答えが返ってきたのでした。 その方は88歳でしたが、未だに自転車や車にも乗られ、地域の活動にも積極的に参加されている方でした。 若い頃膝を痛めており、腰痛もあって ...

ReadMore

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります

あなたにあわせて悩み解消! 個人レッスン

インストラクターがハンドリングによって体を動かすレッスンです。

今すぐCHECK


みんなで参加!グループ
レッスン

インストラクターの声かけで、お客様自身が体を動かしていきます。

今すぐCHECK



ランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ

にほんブログ村

-フェルデンクライスとは?

Copyright© フェルデンクライス広島 , 2019 All Rights Reserved.