お客様の感想 フェルデンクライスとは?

岩国へ出張レッスンに行ってきました。

更新日:

f:id:feldenhiroshima:20170827124215j:plain

先日、岩国へ出張レッスンに行かせてもらいました。

参加者の皆さんはフェルデンクライスメソッドを受けたことのない人たちばかり!

でも、主催者の方から、日頃から自分のカラダへの関心が強い方ばかりなんですよ~と聞いていたので安心して会場へ向かいました。

 

皆さん2時間たっぷり自分に集中して受けてくれました。

 

参加者の方からは

いつもは膝が痛いんですがレッスンの後、痛くなくなりました

来たときは腰が痛かったんですが今はラクになりました

など嬉しい感想を頂きました。

ピラティスをやっている方からは

負荷をかける運動も大切だけど、こうやって動きのつながりに注意を向けることも大切だと思った

という感想も頂きました。

普通に生活するだけならアスリートのように負荷をかけてまで筋トレしなくてもいいと思いますが・・・

ただ、私たちは重力下のなかで生活していますから、それに対応できるだけの筋力は備えてないといけません。

ですから、

筋肉を鍛えるまではしなくても、適性に活動できるようにしておく運動は必要だと思います。

ここでもう一つ重要なのは


私たちは常に動いている


ということです。

静止状態ではないのです。

座っているときや寝ている時は静止状態のように思いますが・・・

座っている時も腕を使ったりバランスをとったりしていますし、寝ている時も呼吸はしていますし寝返りもしますよね?

もちろん、日常生活は立ち上がったり、歩いたりしゃがんだり、振り向いたり

 

動きの連続です。

仮にストレッチや筋トレで体が柔らかくなった、強くなったとしても

カラダが使えなくては意味がありません。

フェルデンクライスメソッドは、カラダを使えるようにどう動いていくかを学ぶものです。

ですからレッスン中はポーズはありません。

常に動いていきます。

f:id:feldenhiroshima:20170906090816j:plain

連続した動きの中から学んでいきます。

動いていると、意外にここは動いてなかったな、こんなところ意識したことなかったな、呼吸を止めていたな、など色々なことに気がつくでしょう

その気づきが重要です。

そこで初めて修正していくことができるのですから!!!

そうやって気づきながら動いていると自分の問題も解決されてくるでしょう。

ピラティスのように負荷をかけるもの、フェルデンクライスメソッドのようにカラダの使い方を学ぶもの、2つを取り入れていくとより効果が上がると思いませんか?

 

こちらの記事もご覧ください

2019/5/16

肩こり、腰痛持ちの改善例多数!家でできる簡単エクササイズ

フェルデンクライスのレッスンに来られる方は、慢性的な肩こり、腰痛、疲れがとれないというお悩みを持っている方が多くいらっしゃいます。 でも、仕事が終わって家に帰ると疲れて何もする気が起きない、疲れを癒すにも忙しくてゆっくりと時間が取れない、という方も多いと思うんですね・・・ そんな方々におススメしているちょっとしたスキマ時間にできるレッスンがありますのでご紹介したいと思います。 フェルデンクライスメソッドのレッスンには色々なレッスンがあるのですが、今回はローラーを使った方法を紹介したいと思います。 ローラー ...

ReadMore

no image

2019/3/31

あなたの中に本当の弱さを見つけてそれに負けてしまいなさい

最近、とても印象的なプレゼンテーションを見る機会がありました。 メーガン・ワシントン: なぜ人前で話す恐怖の中で生き続けるのか 内容 ~TED日本語より~ メーガン・ワシントンはオーストラリアを代表する歌手の一人であり、ソングライターです。 そして子供の頃から吃音を抱えています。 この大胆に自分をさらけ出したトークの中で、彼女はどうやってこの言語障がいとつきあっているかを打ち明けます。 「st」の文字が組み合わせられた単語をさけることに始まり、発話直前に言い変えて脳をだますことまで。 そして、そうです、彼 ...

ReadMore

2019/4/1

緊張しやすい私に役立ったフェルデンクライスメソッド

熱戦が繰り広げられているオリンピックもいよいよ佳境に入ってきましたね! 日本選手の活躍に見ているこちらも思わず力が入ってしまいます。 選手たちを見ていると、本番に最高のパフォーマンスを発揮するのって難しいんだな~とつくづく思います。 誰でもミスしたくないと思う瞬間ってあると思うんですね その思いが強いと緊張して体が硬くなってしまう・・・ 緊張を上手く活かせる選手もいれば、上手く気持ちを切り替えられずそのままズルズルいってしまう選手もいるでしょう。 そういう私はかなりの緊張しやすい人間です。 オリンピックを ...

ReadMore

2019/4/1

たった1つの動きを変化させると、他の動きにも変化が起こる

フェルデンクライスメソッドである施設に関わっているのですが、ある日、そこの利用者さんから声をかけられました。 彼女は片麻痺で、1日中車椅子で過ごされている方です。 私が廊下を歩いていると、 「車椅子に座っている姿勢がよくないように思うので、これでいいかどうか見てもらえませんか?」 と声をかけられました。 彼女の姿勢をみると、明らかに仙骨座り(滑り座り)をしていて車椅子もこぎにくそうです。 座り直しのやり方だけアドバイスしたのですが、後日様子を見に行くと驚くべきことが起こっていました。 そもそも、仙骨座りっ ...

ReadMore

2019/4/4

痛みに対してフェルデンクライスメソッドでは何をするのか?

体のどこかに痛みのある状態は、体の一部に力が集中してかかっていた可能性があります。 痛みを軽減させるには、部分的にかかっている力を分散させていく動きを身につける必要があります。 フェルデンクライスメソッドでは、痛みに対してどのように考えてレッスンをしていくのか? 今回は、膝の痛みを例にして考えてみましょう。   膝は曲げ伸ばしの動きが得意です。 ところが、他の部分の動きが悪いために、膝に負担がかかってきます。 膝が本来得意でない回す動きや、横の動きをやらざるをえなくなり、力が集中的にかかり痛みが ...

ReadMore

2019/4/6

動きはカラダがするものではなく、脳がするもの

私たちは日常の中でさまざまな動きをしています。 例えば朝目が覚めたら、寝返る、座る、立ち上がる、歩く、ドアを開けるために腕を使う・・・などカラダを動かしていますよね? 私たちが何気なくやっている動き、全てカラダがやっていると思いますか?   実際は・・・ 脳が全てやっていることなんです。 私たちが動く時は脳が命令して初めてカラダを動かすことができるんです! 神経科学者であるグレッグ・ゲイジが運動と脳の働きについて楽しく、ちょっと不思議なデモをやっています。 彼が凄いのは、安価な実験キットで脳の働 ...

ReadMore

2019/4/4

フェルデンクライスメソッドでは何をしているのか?

フェルデンクライスメソッドって何をしているんだろうか? 最近、改めて考える機会がありまして・・・ 今回は、私なりに考えたフェルデンクライスメソッドについて書きたいと思います。   私たちは誰でも習慣を持っています。 それは、生きていくために今まで自分が選んできたものです。 この習慣があるからこそ私たちは生きてこれたわけです。 習慣がなければ私たちは歩くための一歩さえも出すことができません。 習慣があるからこそ何も考えずに歩くことができるんですね。 でも、ときにその習慣が自分のやりたいこを邪魔する ...

ReadMore

2019/4/3

フェルデンクライス広島の個人レッスン

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります。 そのうちの1つ、個人レッスンについてのご案内です。   目次1 個人レッスン (Functional IntegrationⓇ=FIレッスン)2 お申込みはこちらから 個人レッスン (Functional IntegrationⓇ=FIレッスン) 個人レッスンはお客様の悩みや問題をもとに、直接お客様の体に触れてレッスンを行っていきます。 テーブルに寝たり、座ったり、時には立ったりと様々な姿勢で体を動かしていきます。 普段は使われていない体 ...

ReadMore

フェルデンクライスメソッドには2つのレッスンがあります

あなたにあわせて悩み解消! 個人レッスン

インストラクターがハンドリングによって体を動かすレッスンです。

今すぐCHECK


みんなで参加!グループ
レッスン

インストラクターの声かけで、お客様自身が体を動かしていきます。

今すぐCHECK



ランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです。



にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ

にほんブログ村

-お客様の感想, フェルデンクライスとは?

Copyright© フェルデンクライス広島 , 2019 All Rights Reserved.